お役立ち情報を集約WEBブログ:16-6-29

33-10

思春期を迎える以前のわしたち姉弟は、
近所でも評判の仲の良い兄弟でした。

年子であることもそうですが、
引越しが多かったことや、友人の家と少し離れていることなどもあり、
二人で遊ぶことが多かったからかもしれません。

弟のあまりのパワフルさに、
僕の体力がもたない事もしばしばでしたが…
おとうとはまさに疲れ知らずなのです。

おとうとは夢中になって遊んでいるのに、
俺はすっかり疲れきってしまい、
お母さんが呼びにくるのが待ち遠しいこともありました。

そんなおいらたち姉弟も例外では無いようで、
思春期の気配がする頃には、少しずつ距離が出来始めていました。
そんな頃の印象的な出来事です。

わたくしが小学校6年の時に
わたし達一家は東京に引っ越したのですが、
その直後の習字の時間に事は起こりました。

以前の学校では、墨汁をそのまま使用していたのですが、
新しい学校では、墨を摺るように指導していたようで、
前の席の男の子と言い争いになりました。

しかし、お子様の頃のおれはとてもクチ下手で
どちらかというとクチの代わりに手が出る方でした。
口げんかでは必ず弟に負けていたんですよね。

当然、その男の子にもくちでは敵うはずもなく、
力の争いに発展の後、どう終了したのかは覚えていませんが、
感情を表現できず、怒りだけがたまって悔しくて泣いてしまいました。

休み時間におとうとがその話を聞きつけたらしく
「大丈夫か?」
と飛んできてくれたのです。

弟がそんな風に飛んできてくれたことがとても意外でした。
あまりくちをきかなくてもちゃんと心配してくれてるんだな…と
嬉しかったんです。

小学生ながら実に男らしいおとうとだと
頼もしく思えたことを覚えています。